オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

専門業者

作業服の男性

おうちやお部屋の玄関、扉の開け閉めは、一年間でも数千回開け閉めをするものであり、その使用数に対して老朽化や壊れてしまうことがあります。
特にドアノブは毎日のように回されるものでありながら、その機械的な構造が老朽化で破損したり、ぎこちなくなってしまって鍵を開け辛い、時には閉じ込められてしまうこともあって放置は危険です。
ですのでドアノブは早めの交換と修理を行ったほうが無難なのです。

もしも交換と修理を手配するなら、ドアなどの専門の工務店か建具屋さんに依頼することが一番です。
ドアノブは多くのパーツで構成されており、それらを熟知した専門家でないと直せないことが多く、パーツを交換できるのもこれらのプロフェッショナルならではだからです。
また、ドアノブによっては、ピンなどを押さないと外せないものもあり、素人が簡単に修理できるものでない場合もありますので、専門家である職人や工務店スタッフに直すことを頼むのが無難なのです。

交換や修理の知識

毎日特に意識もせず数度使っているものにドアノブがあります。
存在感をあまり感じませんが、これがないと、扉の開け閉めができない非常に重要な役割を担っているものであります。

しかし、長年使用していると錆等が発生して回転しなくなったり、ノブごと壊れてしまう場合も発生します。
ノブには大別すると2タイプあります。
丸いにぎり玉があるタイプとレバー式のタイプです。
にぎり玉の場合は、握って回さなければ開閉ができないため、小さな子供や高齢者のかた、障害をお持ちのかたなどには困難なこともあり、レバー式の人気が上がっています。
ドアノブの寿命は、使用頻度によっても異なりますが、トイレや浴室や玄関など、日に数度利用する箇所は10年前後で修理もしくは交換が必要とされています。
壊れないまでも、錆などから発生する軋み音や、がたつきなどでも修理が必要です。
症状がある場合は、早めに対処しないと、閉じ込められてしまうケースもあるため、早々の修理および交換が大切です。
現在、にぎり玉タイプにもレバータイプにも、それぞれに色や形や大きさ、デザイン性にも富んだ様々なものが販売されています。
ドアノブを交換するだけでも、ドアの雰囲気が変わります。
修理や交換を依頼する際には、どのようなものがあるのか商品について問い合わせ、用途や好みにあったドアノブを取り付けることが大切です。
毎日使うものですから、家族全員が使い勝手良く過ごせるよう気を配りたい箇所であります。